日本スプレッドシート協会

Japan Spreadsheet Association
(JSSA)

スプレッドシートの活用、普及を推進して、日本の生産性向上を目指します。

多くの識者から日本のIT教育不足が指摘されています

OECDの国際成人力調査において、日本の「ITを活用した問題解決能力」は参加国中10位という残念な結果が出ています。 「読解力」「数的思考力」がトップの成績であることを考えると、いかに教育が不足しているかが分かります。


「IT教育」というと「プログラミング」を連想しがちですが、両者は同じものではありません。 特定のプログラミング言語を学べば「ITを活用した問題解決能力」が身につくかというと必ずしもそうではありません。


すべての財・サービスがITを通じて提供されるこれからの時代に、ビジネスパーソンにとって必要なのは「ITを活用した問題解決能力」であって、プログラミング能力ではありません。





ではどのようにしたら「ITを活用した問題解決能力」を身につけることができるでしょうか。


これまでは「読解力」や「数的思考力」を身につけるのに特別な道具はいりませんでした。 「読解力」や「数的思考力」は授業や読書によるインプットと、紙と鉛筆やプレゼンによるアウトプットを繰り返すことで身につけることができました。


しかし「ITを活用した問題解決能力」を身につけるには紙と鉛筆だけでは足りません。 「ITを活用した問題解決能力」はその性質上、インプットにもアウトプットにもPCが必要となります。 ただし、PCはアプリケーションがなければただの箱です。


どのようなアプリケーションを利用すれば「ITを活用した問題解決能力」を身につけることができるでしょうか。 私は会計士としてビジネスの現場を長く見てきた経験から、ビジネスパーソンにとって最も身近なアプリケーションであるエクセルやGoogleスプレッドシートのような「スプレッドシート」学ぶことこそが、「ITを活用した問題解決能力」を身につけるのに最適な方法であると考えています。 スプレッドシートを学ぶことで業務効率向上にも直接結びつくため、まさに一石二鳥なのです。


当協会の活動が、スプレッドシートを学びたいと考える多くの方々の役に立つことを願ってやみません。

理 念

実務に直結するスプレッドシートの基本を身につけながらITの基本を学び、
ITの基本を身につけて「ITを活用した問題解決能力」を高め、
「ITを活用した問題解決能力」で日本の発展に貢献する

活 動

スプレッドシートの調査・研究
スプレッドシートの普及・啓発
スプレッドシートの教育支援
スプレッドシートの活用支援
スプレッドシートを活用できる人材の育成

  • NewsPicksの取材をきっかけに、エクセルとGoogleスプレッドシートの違いをまとめてみました

     NewsPicksの取材をきっかけに、

    エクセルとGoogleスプレッドシートの違いをまとめてみました。

    初めてnoteに投稿してみました。

    ぜひご覧ください。

    過去のNewsPicks動画もぜひ。


  • マクロを使わない部門別予算実績管理の作り方

     


    Googleスプレッドシートを使った、

    マクロを使わない

    部門別予算実績管理の作り方

    講座が8月11日から配信されます。


    マクロを使わないことにより、

    ・メンテナンスが容易

    ・リアルタイム更新

    が可能になります。


    詳細はこちらからご確認ください。

  • 「頭がよくなるスプレッドシート問題集」をご購入いただいた方へお知らせ

     「頭がよくなるスプレッドシート問題集」をご購入いただいた方へお知らせがあります。

    Googleスプレッドシートで、

    空白行での処理を回避するため、

    IF(K3:K="","",処理)

    という記載をしていましたが、

    これだと空白文字「""」がセルに入力されるという問題がありました。

    解決方法を探していたのですが、

    IF(K3:K="",,処理)

    のように、IF関数のパラメータを省略することができることが分かりました!

    これにより対象セルが空白の時は「なにもしない」ことができます。

    今後はこちら、もしくは

    IF(ISBLANK(K3:K),,処理)

    を推奨します。
  • 国税庁のエクセルに絶望しました...

     


    確定申告をしていたら、

    国税庁のエクセルに絶望したので、

    ちょっと手を休めて報告します。


    以下のように、

    赤枠で囲んだ数字の分だけ、緑枠の部分を字下げして表示したいという気持ちはわかります。






    これを実現するための緑枠の数式がこちら。






    =IF(H15=0,E15,IF(H15=1," "&E15,IF(H15=2,"  "&E15,IF(H15=3,"   "&E15,IF(H15=4,"    "&E15,IF(H15=5,"     "&E15,"")))))&IF(H15=6,"      "&E15,IF(H15=7,"       "&E15,IF(H15=8,"        "&E15,IF(H15=9,"         "&E15,IF(H15=10,"          "&E15,IF(H15>=11,""&E15,"")))))))


    これをみて皆さんはどう思われますか?

    数式が正しいのか正しくないのか、即座に判断できる人はいないと思います。

    このような数式がミスやムダを生んでいる、という意識をもっと持たないといけません。


    私ならこうします。






    =REPT(" ",H15)&E15


    REPT関数なんて知らないから仕方ない、

    では済まされないのがITの時代です。

    ITの特性である

    「単純作業の繰り返しに強い」

    ということが分かっていれば、

    「もっといいやり方があるはず」

    と考えて、調べるなり、人に聞くことができたはず。

    これがこれからの時代に求められる

    ITリテラシー

    であると考えています。


  • 新入社員向けエクセル研修のアンケートで出た質問と回答


     先日実施した新入社員向けエクセル研修のアンケートで出た質問と私の回答です。

    ご参考まで。


    【Q1】

    仕事前に水泳をするとのことでしたが、朝は比較的に、時間に余裕がある方なのでしょうか?


    【A1】

    会社に限らず、社会人として一番大切なのは

    「自分で決めたことを自分でやる」

    ということだと思っています。

    これは口で言うほど簡単ではありません。


    人は大抵言い訳をします。

    「今は仕事が忙しいからできない」

    「今日は雨が降っているから休もう」

    「やっぱり自分には向いていない」

    など。

    自分で決めたことでも、できない理由はいくらでも見つかります。


    私は水泳の朝練に誘われてから、1年位悩みました。

    「自分にできるだろうか」

    「そもそもやって意味のあることだろうか」

    悩んだ結果、自分の成長に役立つと考え、やると決めました。

    やると決めたら必要なのは時間管理です。

    時間管理というのは優先順位を決めて24時間の割り当てを決めることです。

    優先順位が高ければ、「できない」という言い訳はありえないのです。


    ご質問いただいた、

    「朝は比較的に、時間に余裕がある方なのでしょうか?」

    に対する回答です。

    私は余裕があるから朝泳ぐのでも、

    余裕がなくなったらやめるのでもありません。

    私の中で優先順位が高いから朝泳ぐのです。

    朝練で得ることのできる体力やストレス解消はもちろん重要なのですが、

    同じ志を持つ朝練仲間との交流から計り知れない影響を受けており、

    この年になっても自分自身が日々成長していることを感じることができます。

    朝練仲間は人間的に尊敬できるだけでなく、

    社会的にも評価を受けている人が多いのは想像に難くないでしょう。


    繰り返しになりますが、

    大事なのは

    「自分で決めたことを自分でやる」

    と覚悟を決め、優先順位を高くして

    「時間管理」

    をすることです。

    やることは何でも構いません。

    まずは小さいことから始めるのがよいと思います。

    「時間があればやりたい」

    とか

    「お金があればできる」

    と思っていることは検討に値しません。


    【Q2】

    エクセルを忘れないようにするには。

    活用方法。


    【A2】

    エクセルを忘れないようにするには、日常業務で意識して使うしかありません。

    会社に入ると覚えることが多すぎて、ついつい思考停止になりがちです。

    言われたことをきちんとやるというのは非常に重要ですが、

    「答えのない時代」を生きていかなくてはならない皆さんはそれだけでは足りません。

    常に頭を働かせ、従来のやり方に疑問を持ち、自分で勉強し、失敗を恐れずにチャレンジする。

    エクセルの上達もこれしかないと思います。


    【Q3】

    Excelを独学で勉強する時のおすすめの勉強法はありますか?


    【A3】

    日常業務の中で意識して使い、分からないことを自分で勉強するというのが王道です。

    大事なのはエクセルそのものではなく、業務の中でエクセルを活かすことです。


    しかしこれだけでは自分の殻から抜け出すことはできません。

    私がおすすめするのはプログラミングの勉強です。

    エクセルはプログラミングを目指して進化しています。

    プログラミングの基本が身についていれば、業務の中でエクセルを活用するときに、より正しい方向性で考えることができます。

    全員がプログラマを目指す必要はありませんが、

    「データの世紀」といわれている現代において、

    プログラミングの基本を学ぶことは必須と考えています。


    ポジショントークになるかもしれませんが、会計の勉強もおすすめです。

    会計とシステムは非常に親和性が高く、会計が分かっていると自ずと業務でエクセルに求められていることも分かってきます。

    一般の社会人がエクセルだけを追求してもそれほど良いことはないと思います。

  • let関数の使い心地

    先日のエクセル研修で、受講生の方から都道府県の抽出方法について質問を受けました。

    ネットを検索すれば出てくる話なのですが、分かりやすく説明するために、

    ・FIND関数で「県」を検索する列を作成する

    ・FIND関数の列が数字だったらLEFT関数で数字分だけ切り取る

    ・FIND関数の列が数字でなかったらLEFT関数で3文字切り取る

    という方法を実演しました。


    説明しながら、これはLET関数が使えるのではないか、と思いつきやってみたところ、想像どおりプログラマー垂涎の関数だったのでご報告します。

    LET関数とスピルを組み合わせると、ほとんどプログラミングの世界が実現できます。

    今回作成した数式はこんな感じです。

    =LET(data,B:B&C:C,slice,FILTER(data,B:B<>""),n,FIND("県",slice),num,IF(ISNUMBER(n),n,3),LEFT(slice,num))

    実験のため、少し冗長にしています。

    長い数式ですが、構造は単純なので、慣れれば分かりやすそうです。

    詳細はファイルダウンロードしてご利用ください。


    解説は以下のとおりです。

    =LET(

        data,B:B&C:C, ← B列とC列を結合して「data」という名前にします

        slice,FILTER(data,B:B<>""), ← 「data」から空白行を取り除き「slice」とします

        n,FIND("県",slice), ← 「slice」の各行から「県」を探し、その位置を「n」とします

        num,IF(ISNUMBER(n),n,3), ← nが数字ならn、そうでなければ3を「num」とします

        LEFT(slice,num) ← 「slice」の左から「num」文字切り取ります

    )


  • let関数が365で使えるようになりました!

    待ちに待ったlet関数が365でも使えるようになっていました! エクセルはさらにプログラミングに近付きます。 実務における活用法を見つけたら、またレポートします。 https://news.mynavi.jp/article/20201118-1506245/

  • NewsPicksの取材で使ったエクセルファイルを公開します!


    先日NewsPicksの取材を受けました!

    とても楽しい企画で、2時間の動画収録もあっという間でした。

    2時間の収録でしたが、12分に集約されています。

    プロの編集で楽しくご覧いただけます。

    ぜひご覧ください。

    【実践】あなたは「エクセルの凄さ」を使えていますか


    コメントの中で、動画と同じようにできない、

    という声もありましたので、

    ・エクセルファイル

    ・ショートカットキー一覧

    を公開します。

    ダウンロードしてご利用ください。

    ただし最新版のエクセルでなければ、

    動的配列(スピル)は使えません。

    共有フォルダ


  • 【JSSA】スプレッドシート検定3級


     【JSSA】スプレッドシート検定3級

    をリリースします。

    30分でエクセルの実力が判定できます。

    問題は実務における重要な公式ばかりですので、

    間違えたところは復習して、

    確実に身につけてください。


    【4級はこちら】

    【JSSA】スプレッドシート検定4級

  • 「Googleスプレッドシートを活用した部門別予算実績管理の作り方」動画配信


    「Googleスプレッドシートを活用した部門別予算実績管理の作り方」動画配信

    出口が見えず、うんざりしていますが、
    皆様はいかがお過ごしでしょうか。

    こんな状況でも今しかできないことを見つけ、
    黙々と実行されている方も多いことと思います。

    私もコロナ期間中の収穫がいくつかありました。
    そのひとつが料理です。

    もともと自己流で簡単なものは作っていたのですが、
    毎日の昼食を5人分作るのに、
    せっかくなのでプロの動画を観たところ、
    これがおもしろい。

    「料理は科学」というように、
    プロの仕事にはいちいち理屈があって、
    それをていねいに解説しながら
    料理を実演してくれる動画が
    本当に勉強になりました。

    何度も動画を見直して、
    試行錯誤を繰り返した結果、
    おいしいものができあがった時の
    喜びはひとしおです。

    と同時に改めて自己流の限界にも
    気づかされました。
    やはり自己流を続けていると、
    時間もお金ももったいない。

    これをスプレッドシート講座にも
    活かせるのではないか、
    むしろある程度のスキルと、
    意欲のある受講者にとっては、
    対面の講座より動画の方が勉強になるのではないか、
    と考えていたところ、
    プロネクサス様よりお声掛けいただき、
    一も二もなくお引き受けしました。

    まだまだ編集技術も未熟ですが、
    皆様のご意見も取り入れながら、
    繰り返し見ても勉強になるような
    動画を作成していきたいと思います。

    ご覧いただけますと幸甚です。

    --
    ■■■【プロネクサスWebゼミ】■■■
    Googleスプレッドシートを活用した「部門別予算実績管理」の作り方
    https://p-support.pronexus.co.jp/LecturerDetail.aspx?lid=54

    ■■■スプレッドシート検定4級■■■
    スマホからでも20分でエクセルスキルを判定できます!
    https://forms.gle/woNNCmmQC9Ndv7ab6

  • 7/10発売【完全版】頭がよくなるスプレッドシート問題集



    Googleスプレッドシートを利用した電子書籍として好評いただいた、頭がよくなるスプレッドシート問題集「入門編」「実践編」「上級編」。このたびこの3部作をまとめた完全版として書籍が発売されることになりました。

  • 『頭がよくなるスプレッドシート問題集』刊行*記念プレゼント

  • 数式セルに色を付ける方法

    数式セルに色を付ける方法

    数式セルに色を付けるとメンテナンスしやすい

    エクセルやGoogleスプレッドシートをメンテナンスするときに、数式の入ったセルに色を付けたいことがあります。

    特にGoogleスプレッドシートを配列で作成すると、どこに数式が入っているのか分かりにくくなってしまいます。


    数式の入ったセルに手作業で色を塗る人もいますが、数式が追加されると手作業が増えますし、メンテナンス漏れも起きます。

    なんとか自動で色を付けたいものです。


    そんなときに威力を発揮するのが、

    「isformula関数」と「条件付き書式」

    の組み合わせです。

    Googleスプレッドシートで解説しますが、エクセルでもやることは同じなので、ぜひ実際にやってみてください。


    「is」のついた関数はたくさんありますが、私は「~ですか?」と訳しています。

    「formula」というのは数式のことですから、「isformula」は「数式ですか?」と訳されることになります。

    「数式ですか?」ときくと、スプレッドシートは「はい」か「いいえ」で答えてくれます。

    「はい」のときは「TRUE」、「いいえ」のときは「FALSE」という値が返ってきます。

    これは難しく考えず、そういうものだと思ってください。


    すべてのセルで「数式ですか?」ときいて、「TRUE」と返してくれたセルに条件付き書式で色を塗れば完成です。

    具体的な手順の解説

    まず、数式の入ったスプレッドシートを用意します。

    下の図ではB4セルに数式が入っています。



    次にシート全体を選択します。

    左上をクリックするとよいでしょう。



    条件付き書式を起動します。


    「書式ルール」の「セルの書式設定の条件」で「カスタム数式」をクリックします。



    式にisformula関数を入力します。

    「A1セルは数式ですか?」という式です。

    この「A1」には絶対参照がついていませんから、最初に選んだ範囲に数式が適用されるとともに参照も変化することになります。

    =isformula(a1)


    好きな色に変更して、完了ボタンを押せば完成です。



    数式の入ったセルだけ色が付きました。



    セルに「=」から始まる数式を入力すると、そのセルに色が付きます。



    色をオンオフするアイデア

    確認が終わったら色を消したいけど、また確認するときのために条件付き書式は削除したくない、ということがあります。

    そんなとき私はこんな方法を使っています。


    どこかのセルに「数式on」と入力します。

    このとき入力規則を設定しておくと分かりやすいです。

    今回はA1セルに入力します。



    AND関数を使って条件付き書式の式に「A1セルが空白ではない」という条件を付け加えます。

    ここには絶対参照をつけるので注意してください。

    =and(isformula(A1),$A$1<>"")


    このようにしておけばA1セルを切り替えるだけで、数式の入ったセルに色を付けたり消したりすることができます。



  • 代表:一木伸夫 / Ichiki Nobuo

    プログラマとして4年間会計ソフトの開発を経験。2000年公認会計士試験合格後、中央青山監査法人に入所。大手流通、SIer、公開準備会社等の監査とアドバイスに従事。12年間の監査法人勤務を経て独立。

    所在地

    東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5F KSフロア

    連絡先

    info@jssa.me